タグ「Jonny Greenwood」 の検索結果(11/14)

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   

November 5, 2014

Happy Birthday Jonny!!

今日11月5日はJonnyの誕生日。
Happy Birthday Jonny! オメデトウ!!
43歳かぁ....

Facebookで投稿したところ、Radiohead公式Facebookにシェアしていただき、
私の投稿を通して皆がJonnyに誕生日おめでとう!って言ってる.........なんかとても光栄で嬉しいです。
Radiohead 公式 Facebook: Happy Birthday Jonny.
そしてケーキへのコメントも沢山いただき、本当にありがとうございます。
私も最近Ondes Martenotに夢中なのでつい.....

これ、ミニJonnyもソフトキャンディで練って作ってあるので食べれます。
とってもいいグレープの香りがします。笑。
食べないけどね.....

Happy Birthday,Jonny !

2.jpg

1.jpg

3.jpg

October 28, 2014

Jonny Greenwood joins forces with Australian Chamber Orchestra

Jonnyの新曲「Water」と共にツアー中のAustralian Chamber Orchestraがオーストラリアの番組The Mixで取り上げられたようです。Jonnyのインタヴューも含む映像が公開されています。



また、JonnyとACOに関してThe BRAGにも記事があります。
THE BARG: WATER

October 19, 2014

Jonny Greenwood talks Messiaen, desert islands and dixieland

オーストラリアのLIMELIGHT誌のサイトにJonnyのAustralian Chamber OrchestraのアートディレクターであるRichard Tognettiとのインタヴューが掲載されています。
When Richard met Jonny
rechard&jonny.png

ほんの一部抜粋:
クラシック音楽で最初にあなたの心を掴んだのは何でした?
「モーツァルト・ホーン・コンチェルト。 子供のとき、車の中にあった唯一のクラシックのテープだったんだよね。だから何度も聴いたよ。」

メシアンに夢中になり始めたのはいつから?
「14ぐらいの時、音楽の先生にTurangalîlaを聴かされてすぐに中毒になったよ。
所々オンド・マルトノが頂点で浮き出ると同時にバイオリンみたいな音のセクションは残りのオーケストラに異なる音楽をもたらすんだ。その時彼はまだ生きていたっていうのも本当に重要で刺激的に感じたよね。
彼の音楽は僕が他に好きなThe FallとかNew Orderと同じ線上にあったって事だよ。」

ロック、クラシックにおいてエレキギターの今後をどう考えますか?
「今やエレキギターは他の楽器とも同じくらい古くて伝統的な感じがしてる。それはまったく悪いものではないよ。 けど、2本のギター、ベースとドラムスっていうラインアップはデキシーランド・ジャズ・バンドと同じような関係があると感じ始めてる。とは思いきや、デキシーランド・ジャズ・バンドは、力強くて刺激的なものにもなりえる。 だから、あまりに時代遅れであると軽視するより、すべての楽器やとアンサンブルを含むことで良くなるよね。」

無人島で身動きできなくなって、MAX/MSPの入ったラップトップ、もしくは弦を永遠に供給されるビオラ、それとJSバッハの全作品を選ばなくてはいけなくなったら?
「答えられない質問だな。ビオラ奏者としてかなり向いていないからラップトップかな。 ちゃんと弾ければビオラをとるだろうけど」
When Richard met Jonny

また、Cult Magazineにも記事があります。
Australian Chamber Orchestra's Artistic Director Richard Tognetti speaks to CULT about Jonny Greenwood

October 13, 2014

Interview with Jonny Greenwood & Richard Tognetti

via Australian Chamber Orchestra's youtube channel

October 12, 2014

Jonny Greenwood and LCO Soloists setlist: The Albert Hall

London Compemporary Orchestra 公式サイトより

10th October 2014
Jonny Greenwood and LCO Soloists setlist: The Albert Hall

jonny10-1.jpg

Jonny Greenwood Future Markets (There Will Be Blood)
Jonny Greenwood Prospectors Arrive (There Will Be Blood)
Messiaen Vocalise-Étude
Jonny Greenwood There Will Be Blood (There Will Be Blood)
Michael Gordon Industry
Jonny Greenwood Self-Portrait with Seven Fingers
Interval
Steve Reich Electric Counterpoint
Jonny Greenwood Application 45 Version 1 (The Master)
Jonny Greenwood Miniature
Edmund Finnis Brother
Jonny Greenwood Sweetness of Freddie (The Master)
Ysaÿe Sonata No.2: I. Obsession
Jonny Greenwood Microtonal Shaker (new material, title TBC)
Jonny Greenwood Loop

Jonny Greenwood (electric guitar / ondes Martenot / tanpura)
Daniel Pioro (violin)
Galya Bisengalieva (violin)
Robert Ames (viola)
Ian Anderson (viola)
Oliver Coates (cello)
Clare O'Connell (cello)
Roger Linley (double bass)
Antoine Françoise (piano)
Hugh Brunt (conductor)

LCO would like to thank:

The Albert Hall
Boiler Room
Niamh Collins
Ade Dovey
Bryce Edge
Faber Music
Edmund Finnis
Timothy Greaves
Jonny Greenwood
Joe Hyames
Shin Katan
Erik Nyström
Rebecca Martin
Finbar Mostyn-Williams
Nicola Sersale
Graeme Stewart
WFS Communications
With Associates

Image: Ryan Lee

jonny10-2.jpg

(photo: The Albert Hall facebook photo album by Jack Kirwin )

Jonny Greenwood and LCO - TBC (New Material)


Manchester Evening News : Review: Jonny Greenwood and the London Contemporary Orchestra @ Albert Hall
The Telegrap:Review Jonny Greenwood premiere, Queen Elizabeth Hall, review: 'beautiful images'

October 10, 2014

Jonny Greenwood wants 'classical gigs'



今回のJonnyとLondon Contemporary OrchestraとBoiler Room TVとの新たなプロジェクトは
クラシック音楽をもっと若者に受け入れてもらおうというもの。
「いかに通常のコンサートでみられるようなのよりも堅苦しくない雰囲気でちょっと違う会場でクラシック音楽をプレイしようとするかってことなんだ。人が立ってて、暗くて、バーがある。で、僕らはステージで準備して僕らがそのとき楽しんでいる音楽をとにかくプレイする。だからセットリストは直前に決めたりするよ。」

October 6, 2014

"Spooks" is reportedly featured in Paul Thomas Anderson's new film Inherent Vice

Radioheadが2006年のツアーで演奏していた未発表曲「Spooks」と同タイトルの曲がJonnyが音楽を担当しているPaul Thomas Anderson監督の映画『Inherent Vice』に使用されている模様。
この件に関して、あのSpooks?とtwitterや情報サイトで盛り上がり、その後Jonnyが「曲を書き直してSupergrassにプレイしてもらった。いいよ。Radioheadほどじゃないけど。」とツイート。
その後「Supergrassの演奏によるもの」と報じられた後、さらにJonnyは「実際はSupergrassの3人のうちの2人ね。だから訂正されてるのすら正しくはないけど」とリプライしています。
※ 映画のエンドロールの画像が落ちてましたね....
performed by Jonny Greenwood,Gaz Coombes and Danny Goffey....って....

The Guardian: Radiohead's Jonny Greenwood hires Supergrass to cover Inherent Vice track

October 4, 2014

Jonny + LOC soloists - Manchester Trailer

jonmanche_large.jpg

JonnyとLCOによるマンチェスターでの公演間近ですが、
BOILER ROOMおよび、LOCがそれぞれトレーラーを公開。




October 3, 2014

Jonny Greenwood and the ACO

10月2日にダブリンにてオーストラリア室内管弦楽団(ACO)によるJonnyの'Water'がワールドプレミアとなります。関連する記事をいくつか。(なおJonny本人はオーケストラには参加しないとのこと。)
ITdublin.jpg

THE IRISH TIMES : Okay composer: Radiohead's Jonny Greenwood goes classical

THE SYDNEY MORNING HELARD : Jonny Greenwood goes classical with the Australian Chamber Orchestra

The Telegraph : Meet the finest chamber orchestra on earth

SINFINI MUSIC : Jonny Greenwood and the ACO
waterscore.jpg

October 2, 2014

Watch the First Trailer for Paul Thomas Anderson's 'Inherent Vice'

ニューヨーク映画祭でワールドプレミアが決定しているJonnyがサウンドトラックを手がけたPaul Thomas Andersonの新作 'Inherent Vice'のトレーラーが公開。
なお一般公開は12月12日。

via Valiety

September 26, 2014

Paul Thomas Anderson's 'Inherent Vice' to World Premiere at New York Film Festival

Jonnyが音楽を担当しているPaul Thomas Andersonの新作映画「Inherent Vice」が本日26日より開催されている第52回ニューヨーク映画祭で初上映となります。(7/19ニュース参照
日時は10月4日。
NYFF52: Inherent Vice

September 25, 2014

Radiohead guitarist Jonny Greenwood and the ACO

The AustralianにJonnyと共に仕事をしてきたオーストラリア室内管弦楽団(Australian Chamber ­Orchestra)との関係や、様々な楽器をプレイすること、またオーケストラと関わることなどインタヴューを含めた記事。
THE AUSTRALIAN: Radiohead guitarist Jonny Greenwood and the ACO

jonnyaco.jpg

「5歳の時、両親が枕元にレコーダーを置いたときから多くの楽器を学んでる。ハーモニカやハープシコード含め。言葉もこうして音楽を学ぶ様に学んだよ。寄せ集めてね。
2、3のフレーズから日本語を学んでもっともらしく話すんだ。音楽も同じ。
2分ドラムを叩いただけで、自分はドラムが叩けるっておもわれる。けど、10分叩いたら、クズって思うよね。
いわゆるはったりだよね、ほんと。」
「Radioheadとして認識されてないと思う。他の4人とステージに立って僕はずっと下向いて皆とプレイする。
目を髪で拭いながらね」
「僕はラッキーなんだ。Radioheadときいても多くの人は僕が誰かわからないんだ。それって完璧だよ。
誰もが知ってる石鹸ブランドで働いてるみたいでさ。「あなたのところの製品使ってます。素晴らしいですね」って言われるのって良いよね。僕はそういうのがいいんだ。」

なお、Jonnyの新作「Water」のACOによるオーストラリアでの初公演はMelbourne: October 26 and 27 → Tickets
Perth: October 29
Canberra: November 1
Sydney: November 2

September 21, 2014

Jonny Greenwood: There Will Be Blood Live at United Palace Theatre

There Will Be Blood Screening + Live @ United Palace Theater
2014.9.19 & 20




TWBBNY1.jpg

そしてJonnyのOndes Martenot のセッティング。

UPDATE:
関連記事:Style.COM: An Evening at the Movies With a Radiohead Star

September 14, 2014

Jonny Greenwood: There Will Be Blood Live at United Palace Theatre

8月にロンドンで公演にあったThere Will Be Blood Live(上映+オーケストラとのコラボレーションでJonnyもオンド・マルトノ等で参加)のニューヨークでの公演が9月19〜20日United Palace Theaterで行われます。
THE NEW YORKERに関連記事→ コチラ
jonNY.jpg

そしてポスター

September 10, 2014

Jonny Greenwood and LCO Soloists at Albert Hall Manchester

TWBBmanchester.jpg
JonnyとLCO Soloistsによる10月10日にマンチェスターのThe Albert Hallで行われるコンサートのチケット発売中。→ See Tickets

UPDATE: このショーでは新曲、Jonnyが手がけた映画のサウンドトラック(There Will Be Blood、The Master、Norwegian Wood)のスコアからの演奏、また、Electric Counterpointの演奏があるようです。

August 27, 2014

Thom Yorke Djing at the Roosevelt in L.A.

Thomは現在L.Aに滞在中。
すっかりおなじみとなったハリウッドのHotel RooseveltでDJを。

thomDJaug.jpg

Jonnyはイタリアだそうです。

August 27, 2014

Jonny Greenwood's performance of Steve Reich's Electric Counterpoint its first play on BBC Radio 3's Saturday Classics

9月30日にリリースされるSteve Reichのアルバム "Radio Rewrite" に収録されるJonnyのパフォーマンスによるElectric Counterpointが先週の土曜、BBC Radio 6 MusicでおなじみのMary Anne Hobbsがゲストホストを務めるBBC Radio 3 の番組 Saturday Classicsで初オンエアされました。
こちらで30日まで聴けます。→ http://www.bbc.co.uk/programmes/b04fqr4d
JS.jpg

Electric Counterpoint: III. Fast



August 22, 2014

Nonesuch Records Releases Steve Reich's "Radio Rewrite" on September 30

Steve Reich(スティーヴ・ライヒ)がRadioheadの楽曲( Everything In Its Right Place」「Jigsaw Falling Into Place」)からインスピレーションを得た作品「Radio Rewrite」を収めた同タイトルのアルバムがJonnyも所属するNonesuch Recordsから9月30日に発売されます。

このアルバムにJonnyの演奏する「Electric Counterpoint」が収録されます。

reich-radio-rewrite-450x400.jpg
『Radio Rewrite』Steve Reich

1. Electric Counterpoint: I. Fast / 6:51
2. Electric Counterpoint: II. Slow / 3:21
3. Electric Counterpoint: III. Fast / 4:29
4. Piano Counterpoint / 13:44
5. Radio Rewrite: I. Fast / 3:52
6. Radio Rewrite: II. Slow / 3:23
7. Radio Rewrite: III. Fast / 3:21
8. Radio Rewrite: IV. Slow / 3:53
9. Radio Rewrite: V. Fast / 2:59

MUSICIANS
Electric Counterpoint (1987)
Jonny Greenwood, guitar

Piano Counterpoint (1973, arr. 2011)
Arrangement of Six Pianos for piano and tape by Vincent Corver
Vicky Chow, piano

Radio Rewrite (2013)
Alarm Will Sound
Alan Pierson, conductor

Erin Lesser, flute
Elisabeth Stimpert, clarinet
Christopher Thompson, Matt Smallcomb, vibraphone
John Orfe, Michael Harley, piano
Courtney Orlando, Caleb Burhans, violin
Nathan Schram, viola
Stefan Freund, violoncello
Miles Brown, electric bass

PRODUCTION CREDITS
Electric Counterpoint
Produced, Recorded, and Mixed by Graeme Stewart
Mastered by Christian Wright at Abbey Road Studios, London
Commissioned by the Brooklyn Academy of Music's Next Wave Festival. World Premiere: November 5, 1987, by Pat Metheny, at the Brooklyn Academy of Music, Brooklyn, NY.

Piano Counterpoint
Recorded by Ryan Streber at Oktaven Audio, Yonkers, NY
Hamburg Steinway D prepared by Arlan Harris
Mixed and Edited by Florent Ghys
World Premiere: October 23, 2012, by Vincent Corver, at the Pearl, Doha, Qatar.

Radio Rewrite
Produced by Judith Sherman
Recorded April 3, 2014, in Studio A at Avatar Studios, New York, NY
Engineer: John Kilgore
Assistant Engineer: Tim Marchiafava
Production Assistant: Jeanne Velonis
Mixed by Judith Sherman, John Kilgore, Steve Reich, and Alan Pierson at John Kilgore Sound & Recording, New York, NY
Co-commissioned by the London Sinfonietta and Alarm Will Sound. World Premiere: March 5, 2013, by Sound Intermedia / London Sinfonietta / Brad Lubman, at the Royal Festival Hall, London.

Album Mastered by Robert C. Ludwig at Gateway Mastering Studios, Portland, ME

Design by Barbara deWilde Design

Executive Producer: Robert Hurwitz

August 9, 2014

There Will Be Blood - Live 6-7 August 2014, at the Roundhouse

There Will Be Blood - Live

Paul Thomas Anderson's 'There Will Be Blood' with Jonny Greenwood's score performed live
by Greenwood and the LCO,
6-7 August 2014, at the Roundhouse

TWB4.jpg

TWB!.jpg



TWBpr.jpg

tumblr_n9ybxsN6tx1qa641uo2_400.png    tumblr_n9ybxsN6tx1qa641uo4_400.png
tumblr_n9ybbjgW6B1qa641uo1_500.jpg

In Pictures: There Will Be Blood Live ----- Roundhouse

There Will Be Blood at The Roundhouse - Live Score Review ---- HeyUGuys

There Will Be Blood, Jonny Greenwood and the London Contemporary Orchestra, Camden Roundhouse, gig review ---- THE INDEPENDENT

August 4, 2014

LISTEN: Jonny Greenwood on BBC RADIO 4 -Front Row

7月31日、BBC RADIO 4 -Front Row、There Will Be Blood LIVE について語る Jonnyのインタヴュー放送の模様が視聴できます。
BBC RADIO 4 -Front Row-Thursday 31 July 2014

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14